【コンパニオンプランツ】ナスの相性の良い野菜

こんにちは ケンコーです。 皆さん、コンパニオンプランツという言葉は聞いたことありますか?実は、野菜は違う種類の野菜を一緒に植える事で、害虫を抑えたり生長を助けるケースがあります。そういった相性の良い野菜の組み合わせをコンパニオンプランツと言います。
今回は、ナスの相性の良い野菜をご紹介したいと思います。

コンパニオンプランツとは

コンパニオンプランツとは、2種類以上を近くで栽培し、お互いの成長によい影響を与える事ができる組み合わせの事です。 共存作物、共生植物ともいわれます。 野菜には、つきやすい虫、かかりやすい病気など、それぞれ特性があり、この特性を利用して、違う種類の野菜を一緒に栽培することで、害虫を抑制したり成長を促すといった、効果があります。

コンパニオンプランツの主な効果

・害虫の嫌いなにおいにより、害虫を寄せ付けない

・根につく菌により、病気の予防となる。

・水分・栄養の吸収性の違いにより、成長を促す。

植え方

植え方は、主に以下2つがあります。
①株と株の間に相性が良い野菜を植える。
②列ごとに相性が良い野菜を植える。
また、上記以外にも、根と根が絡み合うように植えると効果がでるケースもあります。

ナスとは

漬け物、焼き物、煮物、揚げ物と多くの用途で使えるナス。実は綺麗な紫で、艶があり見た目から美味しそうな感じを漂わせています。ナスは、長ナス、丸ナスなど、形、大きさのバラエティが豊かで、多くの品種があります。

ナスと相性の良い野菜

ナスと相性の良い野菜をご紹介します。


バジル

バジルは、ナスの天敵害虫であるアブラムシやニジュウヤホシテントウを遠ざける効果があります。

パセリ

パセリはナスの害虫を遠ざける効果があります。また、パセリは日陰を好み、背丈が低いのでナスの株元で乾燥を防ぐ効果もあります。

マリーゴールド

マリーゴールドは、コンパニオンプランツでは有名な植物になります。マリーゴールドは、色々な野菜の根につく「センチュウ」を駆除してくれる効果があります。また、バジルと同様に香りで害虫予防にもなります。

(参考)ナスの育て方

ナスの育て方は以下に記事を投稿しているので、ご参考に♪