ミニトマトの育て方 夏野菜のオススメ「ミニトマト」の種まき、定植、収穫時期や育て方のポイント

こんにちは、ケンコーです。

今回は、ミニトマトの育て方を初心者向けにご紹介します。

ミニトマトは、見た目は宝石のように輝いて、食べても美味しく、家庭菜園で育てるのにおススメです。

是非、参考に育ててみたくださいね。

基本情報

名称・科目

【名称】 ミニトマト

【科名】 ナス科

評価

【おススメ度】 ★★★★☆

【難易度】 難しい

【収穫量】 多い

【手間】  大きい

生育環境

【生育気温】 20℃ ~ 30℃

【日当たり】 日なた

【土壌酸度】 中性

【株間】 50cm

【適正土壌】

1平方メートルあたりの分量

 ・化成肥料(NPK=8:8:8)  150g

 ・苦土石灰 150g

 ・堆肥 3kg

【連作障害】あり (3~4年休閑)

栽培スケジュール

栽培スケジュールです。

畑へ直まき、あるいは定植する場合、2週間~1か月前に上記【適正土壌】を参考に土壌づくりを行ってください。

ポリポットで苗を作って定植すると、種まき&苗育成の期間、畑が空き、前の野菜の収穫期間を延ばせます。

種まき・定植

タネまきはポリポット(9cm)、直まきどちらでも可能。

深さ1cmくらいの穴を作り、3~4粒をまいてかるく土をかけ、手で軽く押さえてたっぷりと水やりします。

葉が1枚出始めると、1本間引きし、3、4枚で始めると1本を残し、残りを間引きします。

葉が5枚くらいになると、定植します。

ミニトマトを苗で購入する場合は、種から出来た苗と、接木苗があります。

接ぎ木は、2つの植物を人為的に接着して一つの個体とする事です。根のある台木が別の野菜を使用する為、連作障害の予防となります。

定植後の育成

ミニトマトは、わき芽がどんどん生えてきます。基本は、茎を1本仕立てにし、支柱に固定し誘引します。

わき芽は、小さいうちに取り除く必要があり、ハサミで切ると刃から菌が入り込むリスクがあるので、手で取り除きましょう。

ミニトマトは、放っておくとどんどん上に伸びていきます。そうすると栄養が全体にまわらなくなるので、果房数が4~5段になれば、その上で摘芯します。

一番花の受粉

ミニトマトは1番花に実をつける事が重要です。確実に身がつくように、花を指でゆらしたり、支柱に振動を与えて花粉を出やすくすると良いでしょう。

追肥

第一果房がなった頃に1回目の追肥を行います。その後2週間に一回程度追肥を行います。

雨予防

ミニトマトは雨を嫌います。上にビニールなどで雨除けをすると良いでしょう。

                              

収穫

トマトの色が赤くなり完熟すれば収穫です。