石灰を撒く理由・効果

~ 石灰をまく理由・効果 ~

 

こんにちは、愛Fam ケンコーです。

野菜を育てるのに重要な石灰。

家庭菜園初心者には、野菜に石灰?と疑問に思われる人が多いのではないでしょうか。

今回は、初心者向けに何故石灰が必要なのか?を簡単に説明したいと思います。

 

石灰をまく理由・効果

石灰をまく理由は、簡単に言えば、野菜の育ちやすい土壌にする事です。

逆に、石灰をまかないと酸度が高くなり、野菜が育ちにくい環境になります。

少し詳しく説明します。

野菜を育てるには、適した酸度が必要です。酸度を示す値をpH(ペーハー)と言いますが、多くの野菜は弱酸性のpH5.5~6.5を好みます。

※pHは0~14の数値があり、7が中性、数字が低いと酸性が強く、数字が高いとアルカリ性が強くなります。

石灰は、土を弱酸性にしてくれる効果があります。

 

pHの詳細は下記記事をご参考下さい。

なぜ、酸度が高くなのか?

土は、雨が降る事でアルカリ分が流れ、酸性に傾いていきます。

ですので、土のメンテナンスを長く放置すればするほど、土のpHが低くなり(酸性に傾く)、野菜が育ちにくくなります。

 

石灰の種類とおススメ石灰

石灰は、ホームセンターなどで販売していますが、色々と種類があり何を買うのか迷うと思います。

代表的な石灰が、消石灰、苦土石灰、有機石灰で、本来、土の状態(pH値)を見て、決めるのですが、初心者には難しいと思いますので、それぞれの特徴とおススメする石灰をご紹介します。

まず、中和の強さ(pH値を上げる能力)ですが、消石灰 → 苦土石灰 → 有機石灰の順になります。

※消石灰は非常に強いので、初心者にはおススメしておりません。

初心者におススメするのは、苦土石灰と有機石灰です。

苦土石灰は、まいてから植え付けまで2週間程度開ける必要があり、有機石灰は3日後には植え付ける事ができます。

①苦土石灰

「ドロマイト」と呼ばれる岩石を細かくしたもので、炭酸カルシウムと酸化マグネシウムが主な成分です。

家庭菜園には最も使用されている石灰です。

一般的には、1㎡に100g(一握りくらい)が目安で、pHが0.5程度上がります。

また、苦土石灰を散布してから植え付けまで、2週間程度あけます。

②有機石灰(貝殻石灰)

貝殻粉末など主に動物由来の石灰で、少しずつ分解される為、長期に渡って効果が持続します。

苦土石灰と同様、1㎡に100g(一握りくらい)が目安で、pHが0.5程度上がります。

有機石灰の場合は、効果が穏やかで、植え付けまで期間をあける必要がありません。

 

最後に

野菜を育てる上で、石灰をまいてpH値を調整する事は非常に重要です。

野菜を元気に育てるためにも、上記を参考に土壌作りを頑張って下さい~

前の記事

pHとは?

次の記事

堆肥をまく理由・効果