pHとは?

~ pHとは? ~

 

こんにちは、愛Fam ケンコーです。

野菜を育てるのに重要な土壌のpH値。このpH値によって、野菜の育ち方が全く異なってきます。

今回は、「pH(ペーハー)」を初心者向けにご紹介したいと思います。

 

基本説明

家庭菜園で言う、pHとは土壌の性質(酸性・アルカリ性の程度)をあらわす単位です。

pH値は、0~14まであり、7が中性となり、数字が低いと酸性、数字が高いとアルカリ性に寄ります。

各野菜は、適したpHがあり、pH値によって育ち方が大きく異なってきます。

 

野菜が育ちやすいpH値

多くの野菜は弱酸性のpH5.5~6.5を好みます。

しかし、種類によって多少異なりますので、育てたい野菜の適したpH値を調べると良いでしょう。

 

土壌のpH値が変わる要因

土壌は、雨にさらされる事で、アルカリ分が流され酸度が上がります。(pH値が下がる)

ですので、畑やプランターなど長期間放置された土壌はpH値が低い可能性が高く、そのまま使うと野菜が育ちにくくなります。

 

土壌のpH値を上げる方法

土壌のpH値を上げる方法は「石灰」をまきます。

石灰には、色々種類がありますが、家庭菜園には「苦土石灰」が一般的に使われています。

 

次の記事

石灰を撒く理由・効果