オクラの種を撒くタイミング オクラの種を撒く方法

こんにちは、ケンコーです。

今回は、オクラの種まきタイミング、方法ついて紹介したいと思います。

オクラは、

 「初心者でも簡単に育てる事ができる」

 「たくさん収穫できる」

 「健康に良い食材」

と良いことずくしで、家庭菜園で育てるのに超おススメです。

是非、参考に育ててみたくださいね。

オクラとは

オクラの原産地はアフリカ北東部で、原産地や熱帯では多年草なのですが、日本では冬越しができないため一年草になります。

オクラには、角オクラ、丸オクラがあり、それぞれ角オクラは10cm、丸オクラは15-20cmくらいが収穫タイミングとなります。

おくらは、大きくなりすぎると硬くなり、食感が悪くなります。ですので、上記大きさを目安に若い果実を収穫します。

オクラの種まきタイミング

オクラの種を撒くタイミングは地域毎に以下の通りとなります。

寒冷地  : 5月初旬~5月下旬

一般地  : 4月中旬~5月下旬

暖地   : 4月初旬~5月中旬

種まきの方法

タネまきはポリポット(9cm)、直まきどちらでも可能。

深さ1cmくらいの穴を作り、2~4粒をまいてかるく土をかけ、手で軽く押さえてたっぷりと水やりします。

定植する際は、2本以上セットで植え、安定してから1本立ちにします。

定植時期

直まき以外で苗を育成した場合の定植時期は以下の通りです。

寒冷地 : 6月初旬~7月初旬

一般地 : 5月下旬~6月下旬

暖地  : 5月中旬~6月中旬

参考記事