オクラの育て方 夏野菜のオススメ「オクラ」の種まき、定植、収穫時期や育て方のポイント 

こんにちは、ケンコーです。

今回は、オクラの種まきタイミング、方法ついて紹介したいと思います。

オクラは、

 「初心者でも簡単に育てる事ができる」

 「たくさん収穫できる」

 「健康に良い食材」

と良いことずくしで、家庭菜園で育てるのに超おススメです。

是非、参考に育ててみたくださいね。

オクラとは

オクラの原産地はアフリカ北東部で、原産地や熱帯では多年草なのですが、日本では冬越しができないため一年草になります。

オクラには、角オクラ、丸オクラがあり、それぞれ角オクラは10cm、丸オクラは15-20cmくらいが収穫タイミングとなります。

育成情報早見表

育成に必要な情報をぎゅっと圧縮して纏めてみました。

【名称】オクラアオイ科おススメ度★★★★☆
【評価】難易度収穫量手間初心者向け
簡単そこそこおススメ
【基本情報】生育気温日当たり土壌酸度株間
25℃~
30℃
日なた弱酸性30cm
【適正土壌】化成肥料
(NPK=
8:8:8) 
苦土石灰 堆肥連作障害
1平方メートル
あたりの分量
100g150g3kgあり
【時期】種まき定植収穫
4月~
5月
5月下旬~
6月下旬
7月~
10月

栽培スケジュール

栽培スケジュールです。

畑へ直まき、あるいは定植する場合、2週間~1か月前に上記【適正土壌】を参考に土壌づくりを行ってください。

ポリポットで苗を作って定植すると、種まき&苗育成の期間、畑が空き、前の野菜の収穫期間を延ばせます。

種まき・定植

タネまきはポリポット(9cm)、直まきどちらでも可能。

深さ1cmくらいの穴を作り、2~4粒をまいてかるく土をかけ、手で軽く押さえてたっぷりと水やりします。

定植する際は、2本以上セットで植え、安定してから1本立ちにします。

なお、オクラは細かい根が少なく傷みやすいです。植え替え時に根が崩れないように注意してください。

定植後の育成

オクラは、背が伸びますので、強風により折れる可能性があります。

枝折れ防止に、支柱を立て、茎と支柱を紐で8の字で結ぶと良いでしょう。

オクラは、綺麗な花を咲かせます。開花が始まった頃から2週間おきぐらいに追肥を行います。

また、オクラはどんどん伸びていき、葉が増えて行きますが、上の葉1~2枚を残し、それより下の葉は切り落としていきます。それにより、風通しが良くなり、病気などにかかりにくくなります。

                              

収穫

実が10~15cmくらいになれば収穫です。

オクラは若実を収穫するのが基本で、収穫タイミングを逃すと、2,3日ですぐに大きくなり、硬くなってしまいます。

ですので、頻繁に状態を確認し、収穫するようにしましょう。

また、オクラは花も食べれます。蕾の間に収穫し、てんぷらにして食べると良いでしょう。

オクラの病気・害虫

オクラには、苗立枯れ病、うどんこ病、輪紋病などが注意すべき病気です。
また、害虫は、ハスモンヨトウ、ワタノメイガ、フキノメイガ、ワタアブラムシなどがつきやすいです。