【家庭菜園】早い時期にナスの種まきをしたい!低温期の種まきにおススメするビニール袋温室をご紹介

こんにちは、ケンコーです。

皆さん、家庭菜園を楽しんでいますか?

春が近づくと、夏野菜の種まきが始まりますが、なるべく早く種まきして、早く成長させ、早く収穫したいという気持ちになりますよね。

今回は、適正時期より早い時期に種を撒く際におススメするビニール袋を使った保温育苗をご紹介します。

是非、参考に育ててみたくださいね。

ナスの種まきタイミング

ナスの種を撒くタイミングは地域毎に以下の通りとなります。

寒冷地  : 3月初旬~3月下旬

一般地  : 2月中旬~3月上旬

暖地   : 2月初旬~2月下旬

発芽地温25~30℃

ビニール袋を使った保温育苗

準備物

  • ナスの種
  • 育苗トレー
  • 育苗箱
  • 種まき用土
  • ビニール袋(45リットル以上の透明なゴミ袋で良いです)
  • 輪ゴム

手順

  1. 育苗トレーに種まき用土を入れます。
  2. トレーに1cm深さの穴をあけます。
  3. 穴に種を入れます。
  4. 種の上に5mm程度の土を被せます。
  5. 水をたっぷりあげます。
  6. 育苗トレーを育苗箱の上に乗せます。
  7. ビニール袋の20か所程度に空気穴をあけます。
  8. 育苗トレー、育苗箱をビニール袋の中にいれます。
  9. 輪ゴムで袋を閉じます。
  10. 日当たりの良い場所に置きます。

ギャラリー

さいごに

ビニール袋で閉じる事によって、保温、保湿効果があります。

日中に袋を開けてみると、中から温かい空気が出てくるので、袋の中の気温が高くなっている事がわかります。

また、袋内で水分が循環し、保湿効果もあるため、水やりがほとんど必要ありません。

種まき後、1週間程度で発芽するでしょう。

是非お試しください。