ペチュニアのボリューム感を出す方法「摘芯」

~ ペチュニアのボリューム感を出す方法「摘芯」 ~

 

花の中でも非常に人気の高いペチュニア!

上手に育てると花数が増えボリューム感が出て、すごく愛らしく、パワフルに彩ってくれますよ。

今回は、ペチュニアのボリューム感を出すコツをご紹介します。

 

ペチュニアは、普通に育てると、あまり枝分かれせず、ボリューム感が出ません。

花の数を増やして、ボリューム感を出すには、枝分かれを増やし、枝を増やす事から始まります。

 

枝分かれを増やす方法

茎・枝を切る事で、切った個所付近のわき芽が成長し、枝がわかれ、枝数が増えていきます。

このように、わき芽を増やす作業を「摘芯(てきしん)」といいます。

イメージ的には一つの枝を摘芯すると、枝が2倍の2本になる。増えた2本の枝の上で摘芯すると、2本の枝がそれぞれ2本になるため、4本になる。本来1本の枝を摘芯する事で、2倍→2倍という感じで、枝を増やしていきます。

 

摘芯の時期

ペチュニアの成長期は春から初夏です。

 

摘芯のコツ

  • 初回摘芯は、10cm程度伸び茎がある程度しっかりしてきたら、根本から2筋目あたりで摘芯します。これにより、根本の土台からわき芽が増え、その後ボリュームを出しやすいです。
  • 摘芯は成長期の春から初夏に行うと良いでしょう。
  • 摘芯した際に、肥料(液体・固形)を与えるとわき芽の成長を促進できます。
  • ハサミで切る場合は、清潔なものを使用しましょう。茎が柔らかい場合は、手で摘み取りましょう。