【DIY】屋外に設置する棚を作る方法

 

DIY

 

 

 屋外用棚の

 作り方  

皆さん、こんにちわ。愛Fam ケンコーです。

私は花木や野菜、苔など植物を育てたり飾ったりするのが好きで、毎日庭やベランダで植物の手入れをしていますが、その時に「物置用の棚」が欲しいと切に思いました。

庭の手入れや、植物の手入れをするのって、スコップ・ハサミなどの道具、鉢・瓶などの雑貨、肥料・土など多くのアイテムが必要で身近に保管しておきたいものです。

今回は、そんなアイテムの保管に大活躍の「物置棚」を1×4、2×4を使って作りましたので、ご紹介します。

 

1.はじめに

DIYで物を作るのに一番大事なことは「設計」です。

今回は、棚を設置するので、図面が必要となります。

図面を作る上でのポイントは以下の通りとなります。

図面を作る上でのポイント

〇正面、横、上からの3方向視点での図面を描く

〇図面を書く際は、実際の大きさの1/10、1/100などシンプルな割合で短縮するのがよい

例)実物が横182cmの場合、図面では18.2cmとする。

〇1×4、2×4のサイズは以下の通り

1×4 横9cm 奥行2cm

2×4 横9cm 奥行4m

高さは色々サイズがありますが、182cmが多いです。

 

2.使うもの(参考)

インパクトドライバーかドリルドライバー

私は、インパクトドライバーを使っています。

インパクトドライバーは、ネジの打ち込み時に打撃によりネジを押し込む為、木と木の間の隙間をうめてくれます。

ドライバーでも作業は可能ですが、作業効率が非常に悪く、棚1つ分のネジを回すには非常に並大抵ではない根気と力が必要です。

 

ものさしとえんぴつ

木と木のつなぎ目などに印をつけたり、線を引く事で精密なものを作れます。

 

ネジ

1×4と2×4を使う場合は、以下2種類の長さのネジをおススメします。

・75mm

・45mm

 

木材

私は、安くてメジャーなSPF材を利用しています。

ホームセンターなどで販売しており、お手軽に手に入ります。

 

木材保護塗料(防腐・防虫・防カビ・撥水)

 

屋外に棚を設置する為、腐らないよう防腐剤を塗る必要があります。

また、塗料を塗る道具(ハケ・ローラー、受け皿)がいります。

棚は塗る板の数が多いので、基本的にはローラーで塗ることをおススメします。

ただ、狭い箇所もあるので、ハケ・ローラー共に使うと理想です。

 

3.作り方のポイント

棚の作り方は、木材を切り、塗料を塗って、ネジで組み合わせるだけですので、難しくありません。

ただ、作成する際のポイントがありますので、ご紹介したいと思います。

棚作成時のポイント

・木材を選ぶ際は、水平にみて真っすぐになっている物を選びます。

※下記写真Aを参考

・木材のカットは、自分で切るより購入した際に、ホームセンターの木材カットサービスを利用する事をおススメ。

・庭や畑だと、地面がでこぼこになっている事が多いので、水平器で水平状態を確認する。

・塗料は2度塗りがベスト

ただし、非常に大変

写真A

写真A

 

4.完成品

 

私は、庭に2つ、ベランダに1つの棚を作りました。

庭は深めの茶色、ベランダは明るい茶色を使っています。

DIYの良いところは、何と言っても完全オーダー!自分の好きな大きさ、色に出来るので、用途に応じて柔軟に対応できます。

 

棚作成は、DIY初心者でも簡単にできるので、是非お試しあれ♪