【初心者向け料理】つくりおきに必須アイテム! 夫婦共働き、大家族におススメつくりおき。つくりおきする前に用意しておきたいアイテムをご紹介!

 

こんにちは、ケンコーです。

我が家は、夫婦で共働きをしており、平日の負担を減らすため、土日で1週間分の料理を作り、「つくりおき」しています。

そこで、気になるのは衛生面です。

料理が腐ったり、野菜がしなびたりしないように注意する必要があります。

今回は、つくりおきに必要となるアイテムをご紹介したいと思います。

 

つくりおき必須アイテム

耐熱容器

耐熱容器は、急激な温度変化に耐えれるように作られた容器の事です。

耐熱でない容器の場合、電子レンジ・オーブンで加熱すると変形したり割れたりしまいます。

耐熱容器は、ガラス・プラスチックなどで作られたものがあり、

・そのまま電子レンジにかけれる

・出来上がってすぐの熱々の料理がすぐに保存出来る

というメリットがあります。

また、小さい物から大きいものまでサイズ・形も豊富に揃っており、つくりおき保存にはもってこいです。

 

Ziploc

Ziplocは、ファスナー付きの保存袋です。

食材を酸化や乾燥から守ってくれます。

肉、野菜、パン、おかしなどを保存するのにおススメです。

また、私はご飯(米)が余れば、Ziplocに入れて冷凍保存しています。

 

ランチプレート

つくりおきの場合、必要な分だけ取り出し食するので、少しずつ食材を置けるランチプレートを使うと便利です。

 

 

菜ばし

つくりおきでは、その日に必要分を保存容器から取り出します。

その際に、口にした箸を使うと、菌が繁殖し衛生的に良くありません。

料理を取り出す際は、必ず菜ばしを使いましょう。